株式会社 三和 株式会社 三和 TEL : 044-949-3030
株式会社 三和 FAX : 044-949-3031
お問い合わせ
トップページ 会社案内 測量調査・計測 土地家屋調査士 システム開発 デジタルサービス 採用情報 リンク
土地家屋調査士


土地家屋調査士とは

 土地家屋調査士とは、所有者に代わって土地や建物などの不動産を調査・測量し、表示登記の申請手続き・審査請求手続きを行うことの出来る国家資格を有する者のことを言います。
 土地の境界に最も詳しいスペシャリストであり、公正・中立の立場で所有者の大切な財産を守ります。

境界標  土地、建物の価値は下落したとは言っても、高価な財産であることには変わりなく、所有者の権利意識は高くなっています。
 所有者が境界標を設置していなかったり、設置した境界標の管理が不十分であった場合などに土地の境界に関するトラブルが多発する傾向にあります。
 今、貴方の土地に境界標が無い場合、後日の紛争を防止するためにも「土地家屋調査士」に相談のうえ、境界標を設置することをおすすめします。
 また、大切な境界標も、永年の間には工事等によって失われたり、盛土をした際等に不明になることがありますので、日頃の境界標の管理が必要となります。

 大切な財産を守ってくれる境界標は自己管理が大原則ですが、境界標がもし不明になった際には、「土地家屋調査士」にご相談下さい。


土地家屋調査士の業務内容

土地家屋調査士 関連書類  
土地について 建物について 
土地の境界測量 表題登記
分筆登記 表示更正変更登記
地目変更登記 減失登記など
地積更正登記
合筆登記など
料金、ご質問など詳しい内容については当社までお気軽にお問い合わせ下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2006年1月20日 筆界特定制度スタート

 これまで、隣接する土地所有者との間で筆界認識の相違による紛争が起きた場合、解決方法といえぱいわゆる境界確定訴訟などの裁判だけでした。この場合、判決までに数年の歳月を費し、その結果費用もかさむというデメリットから、訴訟までに至るケースはごく一部に限られているのが現状です。

 しかし、2005年大幅に改正された不動産登記法により筆界(ひっかい)特定制度というあらたな制度が導入され、この制度によって、筆界紛争の早期解決(およそ半年)が期待できるようになりました。

【筆界特定制度とは】
 境界(筆界)紛争を裁判で解決するのではなく、不動産登記を行う行政機関の法務局が、土地家屋調査士や弁護士といった民間の関連専門職の協力を得て、迅速に問題を解決していこうという制度です。

【この制度の導入目的及びメリット】
 ・正しい境界を迅速かつ適正に特定する。
 ・筆界を巡る紛争の予防と早期解決
 ・筆界確定訴訟においても本制度における調査結果等を証拠として利用
 ・地図整備事業の円滑な推進
  など


 筆界特定制度についての詳細は法務省民事局のページをご覧下さい。



測量調査・計測 システム開発 デジタルデータ作成 会社案内
営業種目 GIS ラスタベクタ変換サービス 表彰・受賞一覧
所有機器 開発事例 Tiff/Geotiff変換サービス
関連ツール CADデータ編集サービス 品質方針
MMS SIMS 個人情報保護方針
価格表 一般事業主行動計画書
土地家屋調査士 フリーウェア ご注文方法
  採用情報
  リンク お問い合わせ
Copyright©2006 SANWA Co.,Ltd. All rights reserved.